FC2ブログ

☆ 天使のサポート 変容の庭 ☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆学芸大のセッションルーム『チャリスガーデン』。日々の出来事をつづります。。。どうも私は『大天使 チャミュエル』らしい。

だったよ。

専門医のところに 予約して行ってきました。
病院は まさに無菌状態・・・

前日からの注意とたくさんの事前のチェックシート記入。

コーヒーとかも病院にはいる30分前には飲み終わっておかないといけないのだ。
私は朝から おちおちごはんも怖くて食べられず 病院へGO。

病院では 頭にキャップみたいなのを付けられて 靴下も専用の。

床は大理石、空間にはむき出し?の空気こう。
空気清浄器もまわっているけど ほかは無垢の木。机も椅子も。

プラスチックはなし。

問診票を書くボードも。

お部屋で書類を書いて待っている間 うとうとして ついつい机にうつ伏せで
寝てしまった。

くう なんか穏やかなんだもの。音楽も癒しだし。

ガラッと 受け付けの方が入ってきて
『検査しますね。こちらにどうぞ』

検査室にはいると
『寝ていましたか?』

『はい すみません。ついうとうと・・・』

『いいんですけれど 平衡感覚のテストなので 寝ているとちょっとうまく測れないので
ちょっとお待ちください』と椅子をすすめられる。

そして お部屋をでていかれたので

あら 大変 汗
ということで座っている場合ではない、足踏み 体をたたくをやっておく。
これ 魂を体に呼ぶやりかた。

体にもどれーーーー

がら と扉をあけて戻ってきて私を見て
『あら いいですね』

『いいですよね^^』私

ここで 平衡感覚のテスト

顔をあげて 目の先にある黒い●をみて まっすぐ立つ

足の下の測定器が うまく立てているのか計測。

目をつぶって まっすぐ立って やはり計測、1分づつ。


そして次のテスト 瞳孔のテスト。

今度は 手元にゴーグルのようなものを膝の上で置いたまま 暗い部屋で12分じっとしている。

その間 私また寝ないか自分の心配。

自分だけで部屋で 座っている。

12分後 戻ってきて 
『(ゴーグル)目に当ててください』

この間 自分はやはり暗い。

目にあてているから。

で 目を開けて 5秒瞬きしないで じっとしている。
ゴーグルのようなものを充てると中で赤い光が点灯する。そのあとも含め5秒。

まっすぐゴーグルの中を見続ける。

ついつい瞬きしちゃうので 何度も失敗する。

すみません_| ̄|●

『いいんですよ』ってやさしい。


で問診 検査の結果。
ここで始めて 先生と話す。

『平衡感覚は大丈夫だねー』と先生。
感じのよい先生。先生っぽくないっていったほうがいいかも。

ちなみにこの検査
自分で暗示をかけて立っていたから。大丈夫だと思った。

さて そして瞳孔の検査。

『ああ これはねえ、自律神経がねえ。でているねえ』

おお そうなの?

『すごい速さで もとに戻ろうとしている』

瞳孔はねえ 意志の力じゃだめだものね・・・

暗いところから 急に光が目にはいると 瞳孔が縮む そして それが戻るまでの
速さをみているらしい。
用紙には 数値が。1000以下はだめな状態らしいのですが私850でした。

『えーっと私化学物質過敏症なんですね』と私

『そうです』

『どういう事でしょう』

『化学物質過敏症というのは 感受性が強いのです』

『ストレスに弱い?』

『違います。ストレスに弱いのは 爆発した状態ですから違います。
感受性が強いのです』

ほおおおおお

先生が表を書いてくれたのですが
『通常はここから変化がでるのですが
もっと微量な量で 体に変化が起きてくるのです。

じゃあ変化が起きないのがいいのかというと
気が付いたときにはガンになってしまって亡くなりますから

微量で わかったほうがいいのかもしれません』

なるほどねえ。

『芸術 絵や音楽を聴いたときにもほかのかたより感受性が豊です。
IQが高い方が多いです』

へえええ

ちょっとの変化で これは体に合わないっていう信号を送るわけね自分に。

はっ アレルギーじゃない それ。

『アレルギーは化学物質過敏症の中に含まれます』

そうなのーーーーー?

『ちなみに ほかの病気にはなりにくいです。』

そうですよねえ。その前につらい状態になってしまいますから。
体が教えてくれる。

『私なんの物質に弱いのでしょう』

『わかりません。物質がありすぎて検査しきれませんし そこまで今の医学はわかりません』

そこから 歯の話へ。

(詰め物とかね)ちなみに私は 歯は金属は入っていません。

アレルギー起こすので。

家の材質の話しだったり ちなみに床材が一番問題らしい。


前に友達に
『その体だから 今の仕事できるんだよ』って言われたんですよね。

ちょっとしたことに気が付くことができないと この仕事向かないよ って。

なるほど。でも過敏すぎますよ。

なんかどっちがいいのかわからないー


合わないと 頭痛がし始めたり ふらふらしたり 倦怠感がでたりするもの。

くしゃみはあたりまえだし、涙もでちゃうぞ。


今回 保険外の治療で 受け付けに料金表がかかっていましたが

『弁護士と面談』だったり 『(忘れたけど いろんな種類の)証明書をかいてもらう』料金が書かれていた。。


裁判の訴訟だったり 
職場への休職のための書類だったりが必要なんでしょうね。

まあ化学物質過敏症は治療方法がないので ビタミンCやニガリとるように指導うけました。


まあこんな感じの面白い体験でした。









2012.09.13 02:47 | 日常の話 | トラックバック(-) | コメント(-) |
/p