FC2ブログ

☆ 天使のサポート 変容の庭 ☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆学芸大のセッションルーム『チャリスガーデン』。日々の出来事をつづります。。。どうも私は『大天使 チャミュエル』らしい。

(ちょっと難しい話かもしれません)

この前お客様がいらした時に 私がいつも時間軸の話をしているので
その方も 時間についてのお試しをいろいろされているという。

基本は 『今しかない』っていうこと

そべての時間は
今という瞬間しか実はなくて その瞬間の時間の点、その集まりで 過去 から 未来まで構成されている。

なので その方 とにかく過去にむかって 今の状況を教えているのだとか

そうしたら 今がすごく変わるという。

そうだろうなー

その癖をつけると 未来の自分が今の自分にも語りかけてくれているのだから
今の自分が それに気が付けば 思うことや感じることに変化がやってくると思う。

今が変化してゆくということ。

以前 
『これから○○のカフェに行くので席あけておいて』 と後ろの存在に頼んでもなかなかうまくいかない
と言っていたお客さんには

『過去の後ろの存在に話かけてみたら?』と言ってみた。

今に移る時間が少しでもあればと考えた。

さて うまくいったかな?

時間は肉体をもっているものだけが そういうものにしようとした
約束事だと思う。それを決めたのは この世界を作ったものだと思うが。

肉体から離れれば 自由に過去も未来にもいけるのではないかと思うし
実際 そういう話は聞く。
一回亡くなった経験の方がたに(人間よ)

多次元に自分は存在し この今いる世界は 多くの次元が入り組んでいて
その世界には その世界の存在がいる。

それが 重なり合っていて でも分かれていて一緒にはならない。

人間界、天使界、霊界、妖怪界 など

朝方4時くらい 一番人間界と霊界が近づくという話しも聞くことがあるのではないでしょうか。
その時間にあちらにいかれる方が多いというのも聞きますね。

私は この時間についての検証はしていませんけれど。



2012.03.09 02:00 | 時間、次元について | トラックバック(-) | コメント(-) |
/p