FC2ブログ

☆ 天使のサポート 変容の庭 ☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆学芸大のセッションルーム『チャリスガーデン』。日々の出来事をつづります。。。どうも私は『大天使 チャミュエル』らしい。

姪っ子 除霊後日談

次の日夕方姪っ子のうち訪問

姪っ子2人留守番中。

『どうよ?調子は。ダメなら再度考える』

『ご飯だべられるよ』姪っ子B

『昼は大丈夫なんでしょ。夜具合わるくなるんでしょ』

『でも 大丈夫だと思う』

『なんで?』

『ぜーーーーんぜん違うから^^』

10歳の ぜんぜん違うというのを 信じていいのだろうか・・・

『夜ご飯を食べてみて ダメなようなら電話して』

ここで こっそり姪っ子Aが

『ねえ いた?いたよねえ・・・へんだったもん』

ええいましたとも。

(注:姪っ子Bには 毎回聞こえないように妹とも話していたので霊障なんていう
ことは知らせていません。
ただ 「具合が悪いの気をいれるから元気になるよー」って言って触っていましたので)


夜 9時すぎ

こちらから妹に電話

『様子はどう?』

『すっかり治ったわ。見てわかるから大丈夫、本人朝起きた時に
「ママもどったよーすごいね」って言って起きてきたから実感あるんだと思う』

Bは、大変天真爛漫で 不安な様子がないポジティブな子なんですが
今回は つねに不安な顔して お腹がヘンって言ってましたが 子供って敏感なのかな?



除霊はねえ 息を強く何度も吐かせることがまず大事だと思っています。
強く吐ききる。

体から 出させるんです。
(自分でも 気持ちが悪い時にはセルフでもやります)

そのときに 私の意識というか 補助するものの向かい合う姿勢が問われます。
優しさは アダになります。
自分がかぶっちゃう。

その時、中には 背中をたたく人いますが 子供なので私は、今回背中をさすりました。
そうしたら 背中から前に移ったから
『しつこい!』っていう感じで 払いましたが。


背中さすりながら 上に言いつけたり ホホ(#^.^#)
(天使たちーラファエルーーーこんなことすんだよー・"(>0<)"・って)

上に 保護を頼んだり(『ホワイドブラザーフッドー治してー』とかね)

霊に話すこともします。話す?違うな・・・聞いちゃいないから霊の話など私は。
一方的に 言い放っている感じかな。


まあ 治ったからよかった・・・というお話でした。





あとで聞いてみたら 霊が体に入ろうとしたり 体のどこかに溜まるみたいですね。



2013.07.26 11:40 | 日常の話 | トラックバック(-) | コメント(-) |
/p